Blog

初めて関東平野を出て暮らす御代田での日々。設計の仕事。


師走なのに雨

12月15日、佐久から見る浅間山の冠雪。山頂はアイシングをかけたようななめらかさ、中腹は粉砂糖をまぶした感じ。
12月15日、佐久から見る浅間山の冠雪。山頂はアイシングをかけたようななめらかさ、中腹は粉砂糖をまぶした感じ。

ついに11月は1度もブログを更新せずに過ぎてしまった。そしていまや12月も半ば過ぎ。

 

言い訳めいたことを言うならば、11月下旬に早めの忘年会でご一緒した方が言っていた「11月はほんと早い!あっという間に終わる!」の通りだったとか、今年は暖かさと寒さが変なペースで入り乱れるうえに雪がちっとも降らなくて、季節の経過がよくわからないうちに今になっていたとか、建築士会の活動で11月半ばに担当のイベントがあって、限られた業務外活動時間を準備と片付けに追われたとか、、、

 

どれもこれも、自分で設定したブログを自分でさぼっている自分への言い訳です。

 

続きを読む

パッチワークと秋の竣工

佐久の田んぼ。遠くに蓼科山。
佐久の田んぼ。遠くに蓼科山。

9月の終わり頃から、近隣の田んぼですこしずつ稲刈りが始まる。

上田のほうはだいぶ刈ってたけど佐久はまだだな、とか、今週末は御代田のほうはみんな稲刈りだなとか思いながら車を走らせる。

以前は一面の水田風景を見ると全部一気に耕作しているイメージがあった(実家のあった埼玉だと稲作はそんな感じだったと思う)が、住んで分かったのは、長野のこのあたりでは、見渡す限りの広い水田でも、数枚ごと、場合によっては1枚ごとに持ち主が違うということ。同世代の勤め人でも、実家は田んぼを持っていて、家族や親戚分のお米を自給自足しているという話をよく聞く。

 

続きを読む

良く眠れそう

毎年写真を撮ってしまう佐久の両親の家の庭の萩。
毎年写真を撮ってしまう佐久の両親の家の庭の萩。

日中はまだ蝉が鳴いたりする日もあるが、植物の様相はすっかり秋の気配で、あちこちで私の好きなハギが咲き始めている。

ようやくあまり身構えずに日中の運転や外出をできるようになって、人と顔をあわせるたびに、「この夏はほんと暑かったですね〜」と感想を述べあい、労わりあう毎日だ。

続きを読む

これまでの記事一覧

師走なのに雨

続きを読む

良く眠れそう

続きを読む

外構、植栽

続きを読む

趣味

続きを読む

現場あれこれ

続きを読む

前線2018

続きを読む

春の輪郭

続きを読む

お婿さん

続きを読む

3度目の

続きを読む

現場進行中

続きを読む

秋の小さな謎

続きを読む

初稼働

続きを読む

夏休み

続きを読む

夏の日常

続きを読む

露出度

続きを読む

唐松の川下り

続きを読む

水と泥

続きを読む

野良仕事

続きを読む

エネルギー

続きを読む

春のあれこれ

続きを読む

プラン

続きを読む

日差し

続きを読む

車社会

続きを読む

ふたを開ける

続きを読む

たわしを買う

続きを読む

ツイン

続きを読む

建築見学日記

続きを読む

ご予約

続きを読む

今年の紅葉

続きを読む

音を聴く

続きを読む

夏の週末

続きを読む

物もち

続きを読む

夏だった

続きを読む

DIYのお手伝い

続きを読む

食べ始める

続きを読む

水をためる

続きを読む

木の芽どき

続きを読む

桜の開花

続きを読む

春の進捗

続きを読む